お寺の紹介 お寺の活動 お寺の場所


お寺の歴史 

 

 

松江山教覚寺は浄土真宗本願寺派のお寺です。鎌倉初期の文暦元年(1234)、宗祖親鸞聖人が関東より京都にお帰りになられた時、入江庄(清水市)に居住していた光信房(12021287)は聖人の教えに帰依して御弟子となり、自宅を転じて一寺を建立し、念仏の道場としました。これが教覚寺の起こりです。

 

 

常慶町石碑

それから20数年後、親鸞聖人が85才になられた頃、光信房は今一度拝顔を得ようと思い立ち、はるばる京都を訪れます。再会を喜びあったお二人は、涙にむせびつつ只々お念仏にくれられたといいます。そして、いよいよお別れに際して、聖人は老体を顧みず『唯信鈔文意』を御染筆になり、今生の形見として光信房にお与え下さいました。これは、現在も教覚寺の寺宝として大切に伝えられています。

 

 常慶町由来

17世紀初め、第9代乗念の時に府中桶屋町(静岡市)に移った教覚寺は、元和2年(1616)第10代乗真の時、徳川家康公の死去に伴い江戸に移っていった家臣松下常慶の屋敷を譲り受けて、現在の地に移転しました。それにちなんで、昭和20年までは町名を「常慶町」と呼び、教覚寺境内地だけで一町内という珍しい町でした。

 

13代寂静房乗空(17311813)は、『真宗僧名辞典』に「駿河教覚寺、号南教、称寂静房、行状端正、人称して〈駿河の阿弥陀〉といふ。僧樸(京都の学僧)等と交遊あり」とあって、なかなかの人物であったと伺えます。その教は県下一円は勿論、遠く山梨県にも及んだと伝えられ、いくつかの法語や歌を残しました。

 

 

明治の初めには、当時静岡藩の勘定組頭を務め、後に明治の大実業家となった渋沢栄一翁一家が、暫く教覚寺に寄宿していたこともあったようで、長女の穂積歌子著『はゝその落葉』に教覚寺のことが記されています。

 

 

その後、大正・昭和の激動の時代を越えて平成の今日に至るまで、法灯は連綿として絶えることなく受け継がれ、開基以来、一貫して仏法聴聞・念仏相続の道場としての役割を果たしてきました。そして、現在、第21世を継承しておりますことは、誠に有難き極みであります。

 

 

寂静庵

 尚、現本堂は、第二次世界大戦後の仮本堂にかわり、昭和49年に再建されたものです。平成元年に本堂に隣接して「教覚寺会館」を建設し、各種行事・研修などに使用するほか、地域の活動にも開放しています。また、平成11年には共同墓「教覚寺法縁廟(ほうえんびょう)」が完成し、既に多くの門信徒にご利用頂くとともに、御同朋のシンボルとなっています。更に、平成21年には境内に休憩所「寂静庵(じゃくじょうあん)」ができました。



教覚寺と渋沢栄一

 

 

 



忠僕八助



お寺の紹介


このお寺は、仏さまのみ教えをきく道場です。ですから、同じみ教えに結ばれた皆様のお寺なのであります。おおいに利用され、尊いみ教えにお遇い下さい。

寺名   松江山(づんごうざん) 教覚寺(きょうがくじ)

宗名   浄土真宗本願寺派(西本願寺)

教区   東京教区(1都8県、24組)

      静岡西組(県内富士市以西9ヵ寺)

 

 

 

 

宗祖    見真大師(けんしんだいし) 

     親鸞聖人(しんらんしょうにん 1173〜1262)

本尊    阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)

 

開基    文暦元年(1234)

初代    光信房(こうしんぼう 1202〜1287) 

       親鸞聖人直弟子の一人とされる

 

 

寺宝    親鸞聖人御真筆 「唯信鈔文意」 

       (一部良如上人補筆)

       木像 聖徳太子 「南無仏の像」 (鎌倉期) ほか

 

 

 

 

                  


  

 

お寺の活動

 

◇年間行事

1月

修正会  成人式

御正忌報恩講 門信徒会総会 入門式
2月 涅槃会(サンガのつどい)
3月 平和を願うつどい
春季彼岸会
4月 はなまつり
法縁廟合同追悼法要
5月 宗祖降誕会
7月 盂蘭盆会
8月 門信徒初級講座
9月 秋季彼岸会 敬老会
10 お取り越し報恩講
11 七・五・三
12 成道会
大谷本廟分骨・本山参拝

  

◇教化団体

門信徒会

毎月1日 

午後7時 

お朝事会 毎月第土曜 午前
お聖教を読む会 毎月1回金 午後7時
少年会 毎月第3日曜  午前9時
十代の会 年3回(春・夏・冬休み)
光輪会 毎月1回土曜 午後5時
壮年会 毎月1回土曜 午後7時
女性の会  毎月第2日曜 午後1時半
覚寿の会 毎月21 午後2
讃歌隊 毎月1回土曜 午後1時半
みのり会 随時



◇その他

 月報(毎月1日発行)寺報(毎年4月発行

 教覚寺門信徒ホームページ

   http://homepage2.nifty.com/

   shizuoka-kyogakuji/

 入仏式、初参式、仏前結婚式(随時受付)
 念仏奉仕団、在京門信徒の集い
 おてらこんさあと       他

 

 *日程は変更する場合もございますので、詳細はお寺までお問い合わせ下さい。


 
 

 

 

 

 

お寺の場所

JR静岡駅から北西方向に徒歩15分程度のところにあります。

市役所から始まる青葉シンボルロードの西端近くです。

 

 

420-0034 

静岡市葵区常磐町2丁目8−12

  浄土真宗本願寺派

教 覚 寺

(住職 南荘 宏)

054-252-5091

fax 054-252-2779